手汗を止める、抑える効果が昔から言われているミョウバン水を使った手汗対策。ミョウバン水を使った手汗対策方法についてご紹介していきます。できるだけ安く手汗対策を行い方は参考にしてくださいね。

ミョウバン水はいったいなぜ手汗対策効果があるの?

ミョウバンはかなり昔から収れん作用があると言われており、制汗のために使われてきました。手汗だけではなく、脇汗などにも効果があるので、安く手汗対策する方法に持って来いの方法です。

ミョウバンの効果である、収れん作用が汗が出る汗腺のエクリン線を引き締めてくれる効果があるので手汗対策になります。すでにミョウバン水を作って販売されているものもありますが、今回は自分でミョウバン水を作って手汗対策する方法をご紹介してきます。

ミョウバン水を作るのが面倒って方は、アマゾンでミョウバン水って検索すればすでに作られてミョウバン水が売っているのでそちらを購入しよう!

ミョウバン水の作って簡単手汗対策

ミョウバン水の作り方

準備するもの

焼きミョウバン、お水、何も入っていないペットボトル、100均のスプレーボトル

①:焼きミョウバンを空のペットボトルに50グラム入れる

何も入っていない空のペットボトルを用意してその中に焼きミョウバンを50グラム入れます。少しぐらいはごさがあっても多少は大丈夫です。

②:お水を約750mlペットボトルに入れて振って混ぜる

焼きミョウバンをペットボトルに50g入れた後、水道水を約750ml入れて振って混ぜます。思い切って振りまくると泡立ってしまいますので、じっくり優しく振るといいでしょう。

③:1日~3日ぐらいおいておく

焼きミョウバンをペットボトルに入れて振って混ぜるとまだミョウバン水が濁っている状態です。そのまま使っても手汗対策効果が期待できますが、1日~3日程度おいておくとにごっていたミョウバン水がきれいな透明になります。

④:ミョウバン水を携帯用のスプレーボトルに入れて手に付ける

作ったミョウバン水を持ち運ぶために携帯用のスプレーボトルに入れます。2プッシュ~3プッシュ手の平に使って、すりすりします。今日は手汗がひどそうだなぁ…ひどいなぁって時に使うと効果的です。

ミョウバン水を使った手汗対策の注意点

ミョウバン水を使って手汗対策は結構有名な手汗を止める方法です。しかし、汗のレベルによって全然効果がない人もいますし、ミョウバンが肌に負けてしまい手が荒れてしまう可能性も出てきます。

もし、肌が敏感肌ならミョウバン水を使う前にパッチテストを行ってから使うようにしてください。手が荒れてしまってからでは遅いかもしれませんので。

ミョウバン水でも全く効果がない場合は手汗専用の制汗剤を取りいれてみるのもおすすめです。

手汗止め方ナビがおすすめする手汗専用の制汗剤3選はこちら